服薬シリーズ『脂質異常症』②

 管理栄養士のmarinaです。コレステロールを下げる薬の中で、まずは『HMG-CoA還元酵素阻害剤(スタチン系薬剤)』です。これは、国家試験でよく出てきました。肝臓でコレステロールを合成する時に必要な酵素(HMG-CoA還元酵素)を阻害して、コレステロールが作られないようにします。薬の名前は、語尾が○○スタチンとなっている薬が多いです(プラバスタチンとか、アトルバスタチンとか)。

 続いて『陰イオン交換樹脂製剤』です。胆汁酸(肝臓でコレステロールを原料に作られる)と結合してコレステロールの排泄を促進させます。体内に胆汁酸が少なくなると、肝臓はその不足分を補おうと、コレステロールを活発に消費するようになり、その結果、総コレステロールが減ることになります。

 『プロブコール』は、肝臓へのコレステロールの取りこみが促進され、血中のコレステロール値が低下します。また、LDLコレステロールの酸化を抑えて(抗酸化作用)血管壁へのコレステロールの沈着を防ぎます。

 最後は『小腸コレステロール輸送体阻害剤』です。小腸から血液中へのコレステロールの吸収を阻害して、血液中のコレステロールの増加を防ぎます。

 参考
・兵庫県立 姫路循環器病センター 脂質異常症の薬