ミールキットでクッキングライブでした(12/9)

2020-04-13

 ブログも、プレミアプロも色々模索中です。少しずつの進歩でいけばOKでしょう。なんだかマルでモチベーションが上がりません・・・。天気のせいとしておきましょう。とっても寒くて、外は凍えそうでした。昼間なのに、少し薄暗くて。

 そういう今日は、クッキングライブの担当でした。さけのバタポン焼きです。とっても美味しく頂きました!
詳しくは、下記リンクをご覧ください( ˘ω˘ ) 本日からヨシケイさんのミールキットを使用しています。料理するための食材が揃っているので、とても便利で嬉しいです。
 さて、クッキングライブのときに「聖護院大根 」 の話題が出ました。まず・・読み方は  ショウゴインダイコン でした。(セイゴインダイコンと読んでいました・・)

 旬の食材百科さんのHPの説明が分かりやすかったのでご紹介です。聖護院(しょうごいん)大根は京都で生まれた丸い大根で、京都の伝統野菜に指定されているそうです。

 肉質がとても柔らかいのに煮くずれしないのが特徴で、辛味や大根臭さが少なく、甘みがあり、田楽や煮物、風呂吹き大根など煮て美味しい大根です。京都への旅行で見たときは、漬物にしている印象がありましたが
実際には、生でサラダにするのも良いそうです。

【大根は、根の先と葉の付け根側で味が違います 】

 大根は葉が付いている近くの部分は、辛味が少なく硬めなので、サラダや炒め物に向いています。
 真ん中部分は、みずみずしく柔らかい上に、最も甘みがあるので、おでんやふろふきのような煮物にはこの部分が最もおいしいです。
 根の先に近い部分は辛味が強いので、おろしにするといいでしょう。また、マリネや和え物にも使えます。

 実際には、一本の大根でメニューにより使い分けることは難しいと思いますが、使う部分によって味が違うと言うことは大事なことなので、あくまでも参考です。
旬の食材百科さんのHP より一部引用)

 とのことです。ご参考になさってください(*’ω’*)

毎週(月)21:00~ お待ちしています!